キュービクル

【保存版】キュービクルの耐用年数と寿命を延ばす秘訣を大公開!

保存版】キュービクルの耐用年数と寿命を延ばす秘訣を大公開!

「キュービクルはどの程度の期間使用することが出来るのか?」と思いませんか。

今回はキュービクルの実際の耐用年数と、法律上で定められている法定耐用年数について詳しく解説していきます。

さらに後半ではキュービクルを出来るだけ長い期間使用できるようにするために気をつけておきたい考え方も、公開しています。

「キュービクルの導入を考えているけど、一体どの程度使える物なのか分からない。」という方は、こちらの記事を参考にして頂ければと思います。

キュービクルの耐用年数はどのくらい?

キュービクルは、様々な受電用の電気機器及び配線などをひとつの四角形の金属箱にコンパクトにまとめた高圧受電設備です。

その為、キュービクルの耐用年数は内部の機器類によりそれぞれ異なってくるので一概に何年とは言えません。

ただ、キュービクル内に設置されている基本的な電気機器類には、

法定耐用年数と呼ばれる基準の目安となる数値が設定されています。

法定耐用年数はやや短めに設定されている

キュービクルの耐用年数は、法定耐用年数によって定められています。

法定耐用年数は現実的な実年数と比較すると、やや短めに設定されている事が多いです。

ですので、キュービクル自体が法定耐用年数を越えたら使い物にならない、というわけではありません。

キュービクル法定耐用年数に分類される項目

キュービクルの耐用年数は、内部の機器類それぞれに詳細に耐用年数が設定されています。

キュービクルの内部の機器類の項目には、

  • 変圧器
  • ヒューズ
  • コンデンサ
  • 高圧遮断器
  • 断路器

など様々な項目がありそれぞれ法定耐用年数が異なってきます。

キュービクル機器ごとの法定耐用年数と

キュービクル内に設置される基本的な電機機器類、JIS規格で定められておる電気機器類には「法定耐用年数」と呼ばれる機器類の交換時期の目安となる指標が示されています。

これらの法定耐用年数は、実際の実用年数よりもやや短めに設定されている点が、ポイントです。

以下にキュービクル内に設置される基本的な電気機器類の法定耐用年数、及び、「実用耐用年数の目安」をまとめておくので参考にして頂ければと思います。

【キュービクル内電気機器類の
法廷耐用年数、実用耐用年数の一覧表】

【変圧器】
法定耐用年数:15年
実用耐用年数の目安:20~25年

【ヒューズ(屋内) 】
法定耐用年数:15年
実用耐用年数の目安:15年

【ヒューズ(屋外)】
法定耐用年数:10年
実用耐用年数の目安:10年

【コンデンサ】
法定耐用年数:15年
実用耐用年数の目安:15~20年

【高圧遮断器】
法定耐用年数:15年
実用耐用年数の目安:20年

【断路器】
法定耐用年数:15年
実用耐用年数の目安:20年

【高圧負荷開閉器】
法定耐用年数:15年
実用耐用年数の目安:20年

【高圧カットアウト】
法定耐用年数:15年
実用耐用年数の目安:20年

【避雷器 】
法定耐用年数:15年
実用耐用年数の目安:15~20年
【計器用変成器】
法定耐用年数:15年
実用耐用年数の目安:20年

【保護継電器 】
法定耐用年数:15年
実用耐用年数の目安:20年

こうしてみてみると、法定耐用年数と実際の耐用年数では5年ほどの差があることが分かります。

キュービクルはメンテナンスは必要ですが、一度設置すればかなり長期間使用することが可能です。

定期的なメンテナンスがポイント

キュービクルは電気設備の一つであり、耐用年数や寿命を考慮した管理が必要です。屋外設置と屋内設置で大きく寿命が変動し電流の流し方や使い方によっても大きく変動します。

先程記述した通り、税法上の償却資産の耐用年数としてキュービクルの耐用年数は15年と定められています。

ただ、実際に運用するキュービクルについては、メンテナンスを十分に実施していれば、15年を超えても問題なく稼働出来ます。

キュービクルの外箱は単なる鋼板ですので清浄な屋内環境で、再塗装、補修、清掃をしっかりと行っており、劣化が進んでいる内部機器の一部交換などを続ければ、30年という長い期間であっても使用可能です。

しかし、屋外設置の場合は雨、潮風、酸化ガスの影響を受けるため、外箱や内部機器に対し数年で錆が発生するおそれがあります。

頻繁なメンテナンスを実施しても20年も経過すれば外箱が全体的に腐食し内部機器にも深刻な腐食が発生します。

もし定期的な保守が行われないようであれば、キュービクル本体の交換といったことも検討しなければなりません。

キュービクル内部に収容されている高圧機器については、外箱とは別に、個別管理を行います。

負荷開閉器、遮断器は、短絡電流など事故電流を経験していなければ、15年~20年は問題なく使用でき実際に30年近くも運用し続けている高圧機器もございます。

しかし、大きな負荷電流を繰り返し開閉していたり、事故電流の遮断などを経験している遮断器は、短期間での故障が見られる傾向にあります。

長期間使用した高圧機器は、交換部品が手に入りにくくなります。

交換部品が手配できない機器が故障すると、新規品への交換に時間を要し、事故の復旧がなかなかできず、長期間の停電のおそれがあります。

交換部品の手配が困難になった機器は、すぐに新品に交換するよう計画すべきです。

事故の前兆を早期発見し交換する

定期点検で、異常な絶縁低下や、異音異臭・焦げ跡の発生が確認された場合は、運用年数にかかわらず即座に交換すべきです。

不良が発生している開閉器、遮断器を使用していると、負荷開閉時や遮断時にアークを消弧できず、短絡事故などが発生します。

電気事故により波及事故を起こした場合、経済産業省への電気事故報告の義務があり「なぜ事故が起きたのか」の詳細を報告しなければなりません。

絶縁低下を引き起こしている機器を放置していたことが判明すると電気主任技術者は法的責任を問われてしまいます。

高圧ケーブルや母線は、屋内であれば30年~40年程度、屋外であれば20年~30年で使用限界となり交換が必要である。

因みにケーブルや母線は、目視で異常を発見することが困難ですので、絶縁抵抗、絶縁耐力の試験を定期的に行い、事故の前兆が発見された場合は早期に交換するよう手配すべきです。

まとめ、定期メンテンスをすればキュービクルは30年使用可能

キュービクルは一度設置すれば15年から長くて30年も使用することが出来ます。

ただ、そのためには定期的なメンテナンスと異常が見つかり次第即部品交換をするという早期発見がとても大切になってきます。

キュービクルの設置にかかる費用は決して安いものではありません。

ただ、設置後と設置前での年間のコストカット額を比べるとすぐに元が取れるほど費用を削減することが可能です。

メンテナンスをしっかりと行い長期間キュービクルを使用して頂き大幅なコストカットを実現して下さい。

キュービクルの関連記事

【費用対効果を検証】キュービクルの導入価格と規模別の料金を公開!

【費用対効果を検証】キュービクルの導入価格と規模別の設置費用を公開!

【費用対効果を検証】キュービクルの導入価格と規模別の設置費用を公開!

キュービクルを導入することで毎月の電気料金を下げる事が可能です。ただ、キュービクルを導入するためにはある程度のまとまった資金が必要となります。

今回はキュービクルの導入価格と導入費用を、何日で元が取れるのかも解説していきます。

後半には規模別のキュービクルを導入する際の、おおまかな金額を紹介していますので参考にして頂ければと思います。

高圧受電設備(キュービクル)設置には相場はいくら?

店舗の規模や場所によって条件は様々ですが主なものとしては、

  • 設置場所の確保(建物から3m以上離すという決まりがある)
  • 基礎工事(屋外の場合は安全確保の金網などが必要の場合もある)
  • 設備費用。キュービクル(変圧器、LBS、遮断機、各計器類など)
  • 高圧ケーブル、電線から引き込み工事

などがあります。

これらを合計すると約200万円~500万円以内くらいが相場になります。

「えぇ〜200万円もかかるの?」と思うかもしれません。

ただそれでもキュービクルを導入するメリットがある方は非常に多いのです。

キュービクルの導入価格の費用は何日で元が取れるのか?

例えばコンビニでは、24時間大量に電気を使用しています。

平均して1日に480kWhものの電力を使うことが多いです。高圧受電にするのと低圧受電にするのでは、1kwhあたり約15円の差があります。

高圧受電にするとどのくらい電気料金の単価が違うの?比較的冬場の暖房など、電気使用量が多いと言われる北海道を例にすると、北海道電力の電気料金単価では、

『従量電灯B(低圧電力)』280kWhをこえる分「1kWh/33円37銭」
『業務用電力(高圧電力)』一般料金「1kWh/18円12銭」

仮に1日280kWhの電気を使用した場合、

低圧電力は280kWh×33円37銭=9,343円
高圧電力は280kWh×18円12銭=5,073円

となり、1日で4,270円もの差になるわけです。

※単価は2016年5月、記事作成時に閲覧したものです。

引用先:商用電気料金攻略ブログ

1日480kwhで計算をすると、上記の1日あたりの低圧受電と高圧受電の価格差で言えば、480kwh×15円=7200円の差が生まれます。

1日で『7,200円』月30日と考えても『216000円』、1年365日では『259万2000円』という膨大なメリットが生まれます。

電気をたくさん使う需要家にとっては、高圧受電は初期費用がかかっても、有効な手段と成りうるわけです。

キュービクルは何年も使用出来るので1年で元が取れると考えると決して高い費用では無いことが分かります。

キュービクルの規模別価格表

「コンビニ以外では どのくらいの導入費用がかかるのですか?」と気になっているかと思いますのでこちらに簡単な導入場所ごとの料金を紹介させて頂きます。

  • 100KW コンビニ・小規模の工場 216万円
  • 200KW 病院・テナントビル 300万円
  • 300KW 小~中規模の工場・スーパーマーケット 396万円
  • 500KW テナントビル(大規模)・製造工場・大型病院 600万円

安くて200万円高くて600万円の金額がかかります。

初期費用はそれなりに発生しますがその後の電気料金を考えると導入が早ければ早いほど費用を削減することが出来ます。

キュービクル価格についてのまとめ

キュービクルは決して安い買い物ではありません。最低限の金額でも約200万ほどは必要となってきます。

ただ、導入することにより1日の電気代が大幅に節約ができ、1ヶ月、1年、3年、4年と使用していくことでかなりの金額を節約することが出来ます。

初めの初期費用さえ支払ってしまえば後は毎月の電気料金が安くなり、結果的に1年を通してかなりの金額を節約することが出来ます。

もし、初期費用の支払いが可能なのであれば導入をオススメします。

キュービクルを導入することで年間で考えれば簡単に元が取れます。

もし、「そんな大金は出せないです。」という場合は一先ずそのままの状態で資金が溜まり次第切り替えてもいいかもしれません。コストカットはダイレクトに利益に繋がります。

特に工場などは導入すればそのまま電気代が利益となり浮いたお金で人材を増やすなどして商売を加速させることも可能です。

より詳細な金額を知りたい場合は見積もりを出してもらうと良いです。

キュービクルを考えるという方は、今回の記事を参考にして導入を検討して頂けると幸いです。

キュービクルの関連記事

【保存版】キュービクルの耐用年数と寿命を延ばす秘訣を大公開!

キュービクルとはどんな設備?設置メリットや保安点検について徹底解説!

【今更聞けない】キュービクルとは?語源やメリットも徹底解説!

キュービクルの役割やメリット、語源などをご存知でしょうか?

キュービクルの基礎的な部分や低圧受電契約と高圧受電契約の違いや、2つの高圧受電設備のメリット・デメリットキュービクルを所有することで発生する、1つの義務について詳しく解説していきます。

キュービクルを利用することで電気コストの削減に繋がるので、導入を考えている場合は今回の記事を参考にして頂ければと思います。

キュービクル式高圧受電設備とは?

キュービクルとは、電力会社の変電所から供給される高電圧の電気を、ビルや住宅で使用できる低い電圧に変圧する設備であり、各種の保護装置や計測装置、配電装置を内蔵している受変電設備のひとつです。

受変電設備は、「区分開閉器、断路器、遮断器、変圧器、保護継電器、制御装置、計測機器、低圧配電設備」で構成されていますが、

これらを全てを、金属製の箱に一括して収容したパッケージ製品が「キュービクル式」の受変電設備です。

キュービクルの語源は英語の『Cube』

キュービクルは、もともと立方体を意味する『Cube』から派生した言葉で、小屋や小室、箱のことを言います。

高圧受電用機器を、金属製の箱(キュービクル)内に、コンパクトに納めた受電設備のことを、『キュービクル式高圧受電設備』といいます。

「高圧受電契約」とは

電気を利用する契約には大きく分けて、『高圧受電契約』と『低圧受電契約』の2つの契約方式があります。

電力会社が発電所で作った電気は、50万ボルト超の高圧送電線を通して、各地の変電所に中継され、鉄道会社や工場、ビル、病院、一般家庭などそれぞれの用途に合わせた電圧に調整されて利用者の元に、24時間休み無く送られているのです。

一般家庭や、小規模事業所は、『低圧受電契約』に基づいて電力会社が管理しているトランス(電柱に着いているポリバケツのようなもの)で100ボルトと200ボルトに変圧されて届けられます。

画像引用元:「低圧受電」と「高圧受電」のしくみ

一方、50キロワット以上の多くの電気を必要とする事業所では、『高圧受電契約』に基づいて自社で管理を行う受電設備であるキュービクルを用意し、電気をそのまま引き込みます。

高圧受電契約は、電力会社のトランスを通さずに電気を利用するため、安い電気単価で大量の電気を使用出来るようになるという契約方式なのです。

2種類の高圧受電設備とは

高圧受電設備には「キュービクル」と「開放型」の2種類があります。

それぞれ特徴があるので、具体的にメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

キュービクル特徴は先程ご説明した通りですが、開放型高圧受電設備は、主に大容量の電力を使用する工場などで使われる受電設備です。

基礎をフレームで形作り、フレーム内に遮断器や継電器といった機械を収めています。

どちらかと言うと屋外に設置されていることが多いのですが、屋内に設置されることも稀にあります。

15年前までは主流の設備でしたが、保守点検する範囲が広く充電箇所に触れて感電するリスクがあることなどから、最近はあまり採用されなくなっています。

一般的に、ビル内の一室に専用の変電設備を設けているタイプは開放型です。

開放型のメリット・デメリット

2つのメリット

  1. メンテナンスが楽
    元々広めの面積に設置するため、点検のための広いスペースがあることから、目視での点検が楽にできる点があります
  2. 増設が簡単
    スペースに余裕があれば、簡単に増設ができます

3つのデメリット

  1. 工事費用が高くなる
    設置→組み立て→配線といった工事を現地でしなければならないので、工期が長くなるため、結果的に工事費用が高くなる傾向があります。
  2. 品質面の不安
    現地にて加工するため、工事を担当する人たちの腕前に左右されることもあり品質面の不安があります。
  3. 環境によるリスク

充電部を露出させた形状のため、直射日光や塩害などによる故障のリスクがあります。

キュービクルのメリット・デメリット

【4つのメリット】

  1. 品質が安定
    あらかじめ工場にて組み立ててから出荷され、設置されるため、品質の点で安定しています
  2. 工期が短い
    すでに工場で組み立てたものを設置するため、現地では配線工事がメインとなることもあり、工期が短く済みます
  3. 安全性の高さ
    金属で造られた箱の中に機械が収められるため、寒さや暑さなどの気温による故障のリスクや、感電の可能性が低くなります
  4. コスト削減
    コンパクトで場所を取らないので、建物や土地のコストを抑えることができます

【1つのデメリット】

  1. 交換に手間がかかる
  2. 工場で組み立てる必要があるため、交換や増設をする際には、事前に準備をする手間がかかります。

キュービクル管理者の1つの義務

多くの電気を使用する場所では欠かすことの出来ないキュービクルは、正しく理解し活用することで電気料金の削減を実現することが出来ます。

高圧の電気を24時間休み無く受電し続ける設備を自社で保有・管理するわけですから、重要な義務が1つ生じることになります。

それが、電気事業法で定められている『キュービクルの保安点検』です。

キュービクルの保安点検は法定点検になり、月に1度、もしくは隔月で実施することが法令で定められています。

この点検頻度の違いは、キュービクルに絶縁監視装置(遠隔監視装置)を取り付けることで安全性の向上が図られるため、

毎月点検をしなくても問題ないと認められ隔月ペースでの点検の実施が可能となりました。

その他に年に1度、年次点検と呼ばれる点検をおこなう必要もあります。

電気事業法では、キュービクル(自家用電気工作物)の保安管理は、その使用者の責任にすべきものとされており、電気主任技術者を選任する義務があります。

ただ、キュービクルの使用者が電気主任技術者を雇うにはコストがかかるため、

多くの使用者は外部委託承認制度を利用し、電気主任技術者や電気保安法人への外部委託をおこないます

キュービクルの点検は、24時間の遠隔監視装置の常時監視や月次点検、年次点検などをおこないます。

キュービクルに異常が生じた際は24時間体制で現場に駆け付ける緊急応動も無償で対応しています。

キュービクルは小さな変電所

キュービクルは、自社で管理を行う『小規模変電所』と言えばなんとなく理解することも可能なのではないでしょうか?

電気を利用する契約には、『高圧受電』と『低圧受電』の2つのタイプがあり、高圧受電契約には、キュービクルが必要となります。

また、高圧受電契約では一部の電力会社の設備をしようしないため電気単価が安くなります。

あわせて読みたい

【費用対効果を検証】キュービクルの導入価格と規模別の料金を公開!
【保存版】キュービクルの耐用年数と寿命を延ばす秘訣を大公開!