新電力

新電力がまるわかり!事業者の仕組みと課題に迫る

ユーザーにとっては、新電力と既存の電力会社との違いや、事業者はどういう仕組みで電力事業を行っているかがわかりにくいと思います。

そこで今回は新電力事業者は一体どのように電力を供給して電気を販売しているのか?課題や今後の展望なども説明していきます。

続きを読む

新電力の導入を機会に考える電気と電気料金の仕組み

新電力のニュースやCMを目にすることが多くなりました。情報のほとんどが「新電力に切り替えることで電気料金が安くなる」というものなので、自社でも新電力への切り替えを検討している方もいるでしょう。

新電力を含む電力システムの改革は、これまで電力についてあまり考えることのなかった消費者にとって、新しい機会を創出しましたし、そのメリットには熱い視線を送っているのです。

しかし、新電力への切り替えで全て需要者(消費者)の電気料金が安くなるわけではありません。また電力システム改革の目的は電気料金の引き下げだけでもないのです。

電力システムは、現代社会においてなくてはならないインフラですし、今後も有効的に使っていかなければならない熱エネルギー資源です。新電力への切り替えを検討する機会に電気の仕組み自体について学び、これからの電気の使い方を考えていくことこそが、総合的に上手に電気を使うことになります。

このページでは、新電力を含む電気の仕組みと電気料金の関係性について説明していきます。

続きを読む

電力自由化情報|スマートメーターとスイッチングの仕組み

電力小売りの全面自由化により、新たに電力業界に入ってきた「新電力」のメニューが充実してきています。既に新電力に切り替えた事業所や個人消費者もいて、電気代が安くなるなどの恩恵を受けています。

また国は電力自由化と並行して、既存電力計の検定有効期間である10年をもって、スマートメーターへの交換を進めてきました。すでにスマートメーターの設置されている地区も増え続けています。

新電力のニュースや電力計の交換などにより、新電力への切り替えを検討し始めた事業所も多いことでしょう。

このページでは新電力への切り替えにあたって知っておくべき、「スイッチング支援システム」の仕組みとスマートメーターについて解説していきます。

続きを読む

新電力で考えるエネルギーミックスの仕組みと電気の将来像

電力小売の完全自由化により多くの新電力が市場に参入してきたことで、電気代が安くなるなど消費者にとっては嬉しいメリットが増えました。

しかし電気代が安くなるということは、それだけ市場に競争が起こっているということを意味します。この競争により、「電力小売業者が単価の安い電源に頼りがちになるのではないか?」ということが懸念されています。

電力などのエネルギー資源は、地球規模で取り組んでいくべき環境問題とも密接に関係しています。新電力への切り替えを検討する際には、それらの問題についても考えていく必要があるということなのです。

それらを考える上で、今後、日本が目指していくべき指針とされているのがエネルギーミックスです。このページでは、その仕組みを解説しながら電気の将来像についても考察していきます。

続きを読む

仕組みを理解し新電力の乗り換え検討する6つのポイント

「これからはどこの会社から電気を買ってもいいですよ」そう言われてもなかなかピンとこないのは当たり前かもしれません。我々電力消費者は長い間、決められた会社からしか電気を購入できなかったのですから。

また電力自由化の中で誕生した「新電力」についても、仕組みをよく理解できていないため、既存の電力会社のサービスをそのまま使い続けている事業所もまだまだ多いです。

しかしそれではもったいない!新電力は仕組みを理解し自社に合ったプランを選ぶことで「電気代が安くなる」「各種サービスの恩恵を受けられる」「自社のポリシーに合った電力会社を選べる」など多くのメリットがあります。

新電力の仕組みを簡潔に解説し、比較検討するための6つのポイントをお伝えしていきますので、自社の電気選びの指針としてください。

続きを読む