コスト削減

初期費用だけで考えちゃダメ!LED化工事の注意点

これまで使用してきた蛍光灯を
LED蛍光灯に変更する場合、
電気工事士による工事が必要となります。

工事と聞いて気になるのが工事費用ですよね。

工事費などの初期費用だけを考えて
安易にLED化を進めてしまうと、
メリットだと思っていた節電効果が
得られないことがあります。

ここでは、
LED化のための工事とはどのようなものか
工事をしなかった場合のデメリットに着目して
ご紹介させていただきます。

1:LED化のための工事とは

「LED化のための工事」と聞くと、
蛍光灯をLED専用の蛍光灯に取替えれば
大丈夫だと思ってしまいませんか。

実は、大掛かりな工事が
必要となることをご存じでしたか。

具体的にどんな工事が必要となるのか
見ていきましょう。

1-1:バイパス工事

これまで利用していた蛍光灯を
LED蛍光灯へ変更するためには、
バイパス工事(直結工事)
が必要となります。

この工事は、簡単に言うと蛍光灯を
利用するたに設置されていた安定器を
取り外しLED蛍光灯対応の配線に
変更するす工事のことをいいます。

蛍光灯は、すべての器具に安定器と呼ばれる
装置が搭載されています。

この安定器の役割は蛍光灯を発光させて、
明かりを安定させるために必要な装置なのです。

この装置はLEDを発光させる
際には必要がなくなるため取り外し
工事が必要となるのです。

1-2:電源内蔵型バイパス工事

バイパス工事方法は1つではなく、
LED蛍光灯の種類によって
複数存在します。

工事の方法として以下4つの方法に
分類されています。

  • 片側給電方式
    蛍光灯の片側のピンにそれぞれ
    +-の電圧を印加する方法です。
    この片側給電方式は、一番多く利用されている方法です。
  • 両側給電(片ピン接続)方式
    2つの両側給電方式は、蛍光灯の片側1つのピンに+、
    もう一方の片側のピンに-を印加する方法です。
  • 両側給電(両ピン接続)方式
    蛍光灯の片側の両ピンに+、
    もう一方の片側の両ピンに
    -を印加する方法です。
  • 両側給電(片側給電ダブル)方式
    片側給電を両方の口金に配線する方法になります。

電源内蔵型バイパス工事は、
照明器具を改造する必要があります。

そのため、工事をすることで
メーカーからの保証を受けることが
できなくなってしまいます。

しかし、照明器具の安定器を取り外すことで、
事故の発生原因となる不安要素を無くすこと
ができるため、安心して利用することが
可能となります。

2:LED化のバイパス工事のメリット

バイパス工事のメリットは、これまで
使用していた照明器具が再利用できるため、
LED化を導入するための経費抑えることが
できるため経済的と言えます。

安定器が多少異音を発していても、
ソケットに問題がなければ、
そのまま使うことが可能です。

3:LED化の工事をしなくて大丈夫?

LED化をするためには、工事が絶対に
必要なわけではありません。

工事が不要ならば、格安でLED蛍光灯を
設置することができるので、メリットばかり
だと思いがちです。

ここでは、デメリットにスポットを
当てて見ていきましょう。

3-1:既存の安定器を利用するデメリット

安定器には、磁気式と電子安定式の2種類があり、
蛍光灯の種類によって使用されているものが異なります。

工事が不要となるLED蛍光灯を利用する場合、
選び方が難しいと言われています。

それは、構造上磁気式と電子安定式の
両方を使用することができる商品が
ないためです。

そのため、すでに設置してある安定器によって
使用できるLED蛍光灯の商品が異なってきます。

ここで注意していただきたいのが、
インターネットで価格だけに着目し、
購入してはいけません。

既に設置してある安定器に適合しない
LED蛍光灯を取り付けた場合、火事などの
事故を引き起こす可能性があるため、
専門家に相談することをオススメします。

3-2:電力消費に関するデメリット

工事が不要のLED蛍光灯を利用する場合、
既存の安定器を利用するため、余計な消費電力
がかかってしまいます。

この余計な消費電力は、
1台5Wと言われています。

これを1ヵ月の消費電力に計算すると
1台約20~30円に該当します。

節電のためにLED蛍光灯に変えても、
無駄な電力を消費してしまったら
残念ですよね。

3-3:安定器の寿命知っていますか

既存の安定器は永遠に
使用できるものではなく、
必ず寿命が訪れます。

一般的に安定器の寿命は、
約10年(40000時間点灯)
と言われています。

LED蛍光灯の寿命も約10年と
言われているため、LED蛍光灯の
点灯が切れる前に安定器寿命が
きてしまう可能性が高くなってきます。

これまでの蛍光灯は、
安定器の寿命が訪れると、
異音を発したりするなどの
異変がありました。

従来の安定器でLED蛍光灯を利用していた場合、
このような異変が起こらないため、使用し続ける
ことで事故の原因になりやすいと言われています。

4:賃貸契約のテナントのケース

LED蛍光灯を利用するためには、
工事をした方が長い目でみた場合、
メリットが多いことをお伝えしていきました。

しかし、メリットが多いと言っても
設置することが難しいケースがあります。

たとえば、賃貸契約のテナントのケースです。

賃貸契約のテナントの場合、工事をするときには、
事前にビルのオーナーに施工許可をとる必要があります。

そして、賃貸契約を解約し他に移る際には
原状回復をする義務が発生するため、
工事費用が発生するのです。

賃貸契約の期間は、通常2~3年です。

賃貸契約を結んだ借主が将来的に移転することを
考えている場合、LED工事に踏み切ることは
かなりハードルが高くなる要素と
言えるのではないでしょうか。

LED蛍光灯は、専用の工事をすることで
安全に利用することが可能です。

しかし、安全性や使用中の電気代などよりも
賃貸契約のテナントの場合には、工事が不要の
LED蛍光灯を選択してしまうことが現実的と
いえるのではないでしょうか。

5:まとめ

今回、LED化をするための工事は1つではなく、
いくつかの選択肢があることをお伝えしました。

  • LED蛍光灯に、点灯用電源回路が組み込まれており、
    安定器を利用することなく既存の口金に供給する方法。
  • 既存の安定器を利用するための工事を行い、
    LED蛍光灯を利用する方法。
  • 安定器を取り外してLED蛍光灯を利用する方法。

大きく分けると、上記3つの方法がありました。

LED化を検討する場合、工事費用、
手軽さをどうしても重視してしまいます。

そこだけしか考慮せずにLED化の工事を
進めてしまうと思いもよらないことが
起こってしまいます。
たとえば、電気料金を安くするために
LED化したにも関わらず考えていたより
蛍光灯を利用していた時と料金が変わらない。

また、LED化の工事不要の蛍光灯を
利用していたのに、火災事故が発生
してしまった。

ということもあります。

火災などの事故の発生もあるため、
個人で安易に選択するのは危険です。

安全、安心を確保するためにも、
家電業界で実績があるメーカーを
選ぶことが大切になってきます。

LED化工事のために交換した
商品に保証ついていない、
または1年程度のもの
だったらどうでしょう。

負担するのは、自分自身です。

LED蛍光灯は、長期間利用可能なため、
これまでの蛍光灯のように消耗品と考えず、
10年使用することを視野に入れて
正しい工事の方法を選びましょう。

無駄な業務を省き、会社のコストダウンを行う3つの手法

近年の不況下では、
企業の業績を上げるということは、
決して楽なことではありません。

そうなると、
利益を上げる即効薬として

「コストを下げろ、コストを削減しろ!」

と経営陣からの声が上がります。

しかし、こういった声かけだけの取り組みでは、
大きな成果を上げることは
極めて難しいです。

改めて、

「今やっている仕事は無駄ではないか?」

を見つめ直し、
会社のコストダウンにつながる
取り組みをやっていきましょう。

続きを読む

社長必見!社員のやる気を維持したまま人件費削減する方法

会社を経営するうえで、
社長の頭の中には、

「経費削減」

の言葉が、常にあるものです。

そして、その中でも、

「人件費」

の削減は、
一番手っ取り早い経費削減と
思っているかもしれません。

しかし、会社は働いてくれる従業員がいてこそ
成り立つものです。

その社員のモチベーションが下がっては、
経費削減も本末転倒です。

人件費削減を考えるとき、
社員の気持ちを汲むという
視点を持っていますか?

もしそうでないなら、
行動に移す前に
ぜひチェックしていただきたい内容です。

続きを読む

製造業における失敗しないコスト削減の戦術4ステップ

今や、製造業だけでなく、
様々な業種において

「会社の利益を増やしたい」

と考えるときに、

「売り上げを増やすこと」

と同時に

「コスト削減」

を思い浮かべる会社がほとんどだと思います。

しかし、コスト削減といっても
ただ闇雲に手当たり次第したらいいかと言ったら
そうではありません。

きちんとした順番でコスト削減の
作業を進めることが大切です。

きちんとした戦術を立てることで、
コスト削減の効果も大きくなるでしょう。

続きを読む

経費削減で絶対に押さえておくべき社長の心構えと2つのポイント

経費削減と一言で言っても、

「使わない電気はこまめに消す」

という小さな経費削減から、

「従業員1,000名リストラ」

という大きな経費削減まで、
あげるとキリがないほどの種類が
存在します。

その中で、
効率が良い経費削減は何か、
迷っている経営者は多いのではないでしょうか。

これから経費削減を考えている
経営者の方に、
何をポイントに考えていけば良いのか
知っていただくために、
2つのポイントに絞ってご紹介します。

また、経費削減で一番大切な
従業員の理解を得るという点についても、
どのような心構えで取り組むべきか、
ぜひチェックして欲しいと思います。

続きを読む

工場のコスト削減をする前に知ってほしい1つのこと

工場におけるコスト削減のアイデアは、今では、コンサル会社に依頼すると会社の問題点の洗い出しから、解決方法の提案まで行ってくれる時代になりました。

しかし、経営者の方にお聞きしたいことは、「これまで工場の現場で働く従業員のアイデアを 聞いたことはありますか?」ということです。

もしかすると、「もっとこうしたら仕事がしやすいのに」と、アイデアを持っている従業員がいるのではないでしょうか?

そして、現場のそうした小さい気づきが実際の仕事の効率化やコスト削減に繋がることが多いのではないでしょうか?

どのようにして、従業員のアイデアを引き出したらいいのか、その具体例を一緒に確認していきましょう。

続きを読む

製造業における11個のコスト削減のアイデア

「会社の利益を上げたい」そう考えたとき、コスト削減を思い浮かべるのは、製造業においても同じです。

しかし、むやみやたらになんでも削減を考えるのは早計です。

きちんとした手順を踏んで、作業を進める必要があります。

また、経営者の一方的な押し付けて進めるのではなく、従業員への周知も含めて、意識付けをしっかり行って進めると効果倍増になります。

そのことを踏まえたうえで、11の具体的なアイデアを見ていきましょう。

続きを読む

【驚愕!】電子ブレーカーの驚きのデメリットと対策方法10選

【驚愕!】電子ブレーカーの驚きのデメリットと対策方法10選

「電子ブレーカーには一体どんなデメリットがあるの?」そういった疑問を持っている方も多いと思います。

メリットばかり目にする電子ブレーカーですが実は驚きのデメリットが存在します。

このデメリットのせいで多くの方が電子ブレーカーを導入したことで様々なトラブルに巻き込まれてしまいました。

今回は電子ブレーカーの意外なデメリットを徹底解説していきそれを解決させる方法を10個ご用意しました。

電子ブレーカーを導入後にトラブルに巻き込まれない為にも今回の記事を参考にして頂ければと思います。

続きを読む

電子ブレーカーの耐用年数と法定耐用年数の期間とダマされない方法

電子ブレーカーの耐用年数と法定耐用年数の期間とダマされない方法

耐用年数と法定耐用年数の具体的な期間をパッと発言できますか?

もし出来ないのであれば、悪徳業者により詐欺に引っかかる可能性が高いです。

今回は、電子ブレーカーの耐用年数と法定耐用年数について説明させて頂きます。

耐用年数などを口実にしてあなたに近づいてくる悪徳業者に騙されない対処法も、ご紹介していきます。

続きを読む

電子ブレーカー導入にかかる価格と意外な2つの落とし穴

「電子ブレーカーを導入したいけど 価格がいくらなのか気になる」と思っていませんか?

今回は電子ブレーカーを契約する際の価格と2つの契約方法をご紹介します。

契約方法を変えることで初期費用を10分の1以下に抑えることも可能なのです。

今回は電子ブレーカーの2つの契約方法とそれぞれのメリット・デメリット。そして、契約する際の2つの落とし穴について徹底解説していきます。

電子ブレーカの導入を考えられている方は今回の内容を参考にして頂き、ご自身に合った契約方法で導入を検討してみて下さい。

1.電子ブレーカーの『2つの契約方法』とは!?

電子ブレーカーを導入する際、2つの契約方法があります。

それは、『買取』と『リース契約』です。

買取というのは、電子ブレーカーの機械を買い取り自分の所有物として利用することです。

それに対しリース契約は、電子ブレーカーを取り扱っている企業から電子ブレーカーを一定期間借りて、利用するということになります。

2.どちらのほうが価格が安いのか?

買取の場合は導入時に機械の代金を支払うので、初期費用はある程度のまとまった金額が必要になります。

リース契約の場合初期費用は少なくて済みますが、

リース期間全体で見ると、結果的に支払った金額の合計は買い取った場合よりも割高になっていること可能性が高いです。

例えば、買取の場合ですと電子ブレーカーの相場価格はだいたい50万円前後と言われています。

一方、リース契約で利用する場合ですと仮に月額8000円で7年間のリース契約をした場合、

リース満了までに支払う金額は、

7000円×12ヶ月×7年=672,000円

となります。

やはり買取よりも全体の費用はかさんでいると言えます。

「リース契約をするぐらいなら電子ブレーカーを取り付けない方が良いかもしれませんね。」と思うかもしれませんがそんなことはありません。

たとえリース契約であっても電子ブレーカーを取り付けることにより毎月の電気料金は大幅に削減できます。

例えば電子ブレーカーの導入により月額15,000円の電気料金が削減できた場合、

15000円-8000円=7000円でリース料を差し引いても7,000円のお金が浮きます。

リース契約であっても電子ブレーカーがコスト削減に有効であることは変わりありません。

買取かリース契約かを考える際は、

  • 導入時の資金状況(初期費用を払う余裕があるかどうか)
  • これから電子ブレーカーをどれくらいの期間使う予定なのか

によって決めるといいでしょう。

例えば、初期費用の資金(約50万円)を揃えることが出来ないが

電子ブレーカーを導入すれば毎月17000円の金額が節約出来ると分かっている場合であれば、

リース契約をすることで毎月17000円あった料金をリース代(8000円とします。)を支払って毎月9000円に抑えられます。

ただ、もし初期費用を準備することが出来て、何年間かは場所の移転などをする予定が無いのであれば、買取をした方が支払う料金は最低限に抑えられます。

また、リース契約をすると、毎月のように定額経費がかかることになります。

会社の経営が安定していない場合は、赤字の時期にこのリース料金が負担になることがあります。

そのあたりも考慮して導入を検討されると良いと思います。

3.リース契約を締結する際の2つの注意点

リース契約をする際に多くの方が陥る落とし穴が存在します。

ここをしっかり理解しておくことで後でトラブルになりにくいですし必要以上に支払いをすることもなくなります。

3‐1.【注意点その1】途中解約が出来ない

電子ブレーカーに限らずリース契約は1度契約を締結すると、中途解約をすることが出来ません。

電子ブレーカーの法定対応年数(リース会社が定めるリース物件に対する税務上の適正リース期間)が、電気設備扱いとなり15年にあたるため、電子ブレーカーは『7年の契約期間』が基本となっています。

3‐2.【注意点その2】リース契約を勧める悪質な業者が存在する

なかには、契約時に十分に料金の説明をせずこちらが気づかないうちに勝手に高額なリース契約を結ばせるというような悪質な業者も存在します。

また、強引にリース契約を勧めておいて、途中で計画的に倒産するといった例もございます。

実際にこちらの方は契約した会社が倒産してしまったようです。

電子ブレーカーのリースの更新を迫られています。
7年前にある会社から電子ブレーカーの営業を受けて
毎月6000円位のリース契約で使用していました。
しかし、その会社は3年前に倒産して別の会社が引き継ぎました。
その会社は対応年数も切れるし、火事になると悪いので
新規で新しい電子ブレーカーを取り付けて新たにリース契約を取り付けたいようです。
しかし、知り合いの電気屋さんに聞いても怪しい感じなので再契約をしたくないのですが。
なかなか、強引で困ります。
月に6000円は高いと思ったので聞いてみると、その中には火事になったときの保険料も含まれているとのこと。
再契約しないで、取り外すには取り外し料金がかかるといいます。
その金額も取り外すことが確実に決まらないと教えてくれないそうです。
電力会社にも取り外すと、申請料がかかるといいます。
本当でしょうか?
最初の契約の書類をみても、取り外しに料金がかかると書いていません。(倒産した会社のです。)
明日にでも、返事をもらいたいと、迫っています。
助けてください。

引用先:電子ブレーカーのリースの更新を迫られています。

電子ブレーカーの契約を考えている方はその会社が本当に信頼出来るのか、という点を考える必要があります。

悪徳業者の見分け方についてはこちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてみて下さい。

電子ブレーカー導入価格と落とし穴、まとめ

電子ブレーカーを導入する為には初期費用で約50万円必要と言われています。

「50万はちょっと高いな〜」と感じるかもしれませんがそれで毎月の使用料が下がるのであれば十分に価値のある投資だと思います。

電子ブレーカーは先程もお伝えしたように

買取とリースの2つの契約プランがあります。

もし、「費用は用意出来ないけど月々の料金を下げたい!」という場合であればリース契約もオススメです。

ただしリース契約をする際は途中解約出来ない点と悪質な業者が存在するという点は頭の片隅で覚えておいて下さい。

電子ブレーカーの関連記事

【大幅コストカット】電子ブレーカーとは?低圧電力のプランも徹底解説!
電子ブレーカー導入時の5つのトラブル事例と4つの回避方法
電子ブレーカーの耐用年数と法定耐用年数の期間とダマされない方法
【驚愕!】電子ブレーカーの驚きのデメリットと対策方法10選