LED照明の導入に利用できる東京都23区の補助金制度一覧

今回はLED照明の導入や利用を
考えている事業者の方を対象に
東京都23区のそれぞれの地域で
利用可能な補助金制度一覧を紹介します。

東京都全域で利用できるものもあれば、
その地域限定で活用できる補助金も
存在しています。

現在行っている事業で補助金を
受け取れる制度があるかどうか
チェックしてみてください。

1:東京都内を対象とする補助金制度

まず初めに、
東京都全域で利用できる補助金から
ご紹介していきます。

1-1:東京都区市町村との連携による地域環境力活性化事業

東京都内の区市町村を対象に
東京の広域的環境課題の解決に資する
事業に対して支援するものです。

補助事業は数多く、その中には
LED化を支援する制度もあり、
『賢い節電のためのLED活用事業』
という項目があります。

事業内容としては
既設の照明器具(又はランプ)の
LED照明器具(又はランプ)への変換にかかる
経費を助成するものです。

区市町村の支援を図ることで
家庭部門のエネルギー消費量の
削減を促進することが目的です。

補助対象経費は当補助事業の実施に必要な経費のうち、
報酬、賃金、報償費、旅費、需用費、
役務費、委託費、使用量及び賃貸料、
美品購入費並びに負担金補助及び交付金、

これらの経費が補助対象となります。

補助率は補助対象の総合経費の
1/2が補助されます。

事業期間は平成26年度~平成32年度の
10年間となっています。

詳しくはこちらのホームページより↓
https://www.tokyo-co2down.jp/company/subsidy/area-renkei/index.html
事業方針の詳細↓
https://www.tokyo-co2down.jp/cmsup/pdf/a-renkei_housin.pdf

1-2:中小企業向け熱電エネルギーマネジメント支援事業

こちらの制度は
中小医療施設)、福祉施設、
公衆浴場(銭湯)向けの
支援事業となります。

助成対象になる機器の条件には
LED照明器具も含まれます。

交付条件は上記の各利用施設において

  • ESCO事業を実施すること。
  • ガスコージェネレーションシステムを導入すること。
  • エネルギーマネジメントを実施すること。
  • ESCO事業者又はリース事業者が助成対象機器を所有すること。

これらの条件を満たす必要があります。

助成率は助成対象機器の設置に要した経費の
1/2以内となり、上限額は1億円になります。

なお、国の補助金制度との併用も可能です。

詳しくはこちらのホームページより↓
https://www.tokyo-co2down.jp/company/subsidy/netuden/

ESCO事業者を探す場合はこちらを参照ください。↓
https://www.tokyo-co2down.jp/company/ecoother/registration/intro/

1-3:東京都政策課題対応型商店街事業補助金

こちらの補助金制度は
商店街、区市町村単位の商店街連合会が
対象者となっています。

補助対象となる事業には
『環境』『防災・防犯』『福祉』『物流』
『国際化対応』『買物弱者支援対策』
などの種類があります。

その中でもLEDに関連する事業は
環境事業であり内容は以下のものとなります。

  • LED街路灯の設置
  • 街路灯のライプのLEDランプへの交換
  • アーケード照明のLED照明への交換
  • ドライミストの導入

補助率は補助金対象となる
経費の4/5が補助され、
上限は1億2千万円となっています。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/shoko/chiiki/jyosei/

2:足立区で利用できる補助金

足立区で利用できる補助金制度を
それぞれ紹介していきます。

2-1:足立区商店街装飾街路灯等LED化促進事業補助金

足立区の商店街補助金事業には
『足立区商店街装飾灯等LED化促進事業補助金』
『足立区商店街装飾街路灯等の電気料金に対する補助金』
の2つの支援があります。

LED照明に関連する補助金は
足立区商店街装飾灯等LED化促進事業補助金です。

商店街装飾灯等をLED照明へ
交換する商店街が対象になります。

受けられる補助金は
LED街路灯設置の場合は
上限1000万円とし補助金額は
補助確定額の1/8以内になります。

アーケード照明、アーチ式装飾灯、
装飾街路灯等のLEDランプへの交換の場合は
上限300万円として補助金額は
補助確定額の1/8以内になります。

詳しくはこちらのホームページより↓
https://map.mirasapo.jp/subsidy/5427.html

2-2:足立区省エネ家電製品購入費補助金

こちらは個人向けの補助金制度ですが、
足立区に住民登録がある個人が対象です。

購入した家電に対して補助金支援される
制度になっており、

足立区に住民登録がある個人が対象家電を
区内店で税抜き5万円以上新品で購入し設置した
個人が対象になっています。

補助金の対象は5つ星家電製品に限り、
その対象にはLED照明も含まれます。

受けられる補助金は1件あたり
12000円となります。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.adachi.tokyo.jp/kankyo/kurashi/kankyo/syouenekaden.html

2-3:足立区集合住宅・事業所等LED照明設置費補助金

区内の既存施設にLED照明を新規に設置する
民間団体、中小企業が対象となります。

補助金額は上限を30万円とし、
機器本体、部材購入費、設置工事費の
合計経費の1/3、

もしくは
LED機器の個数に3500円を乗じた額の
いずれか少ない金額が支援される形です。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.adachi.tokyo.jp/kankyo/kurashi/kankyo/ondanka-j-h24-led.html

3:荒川区で利用できる補助金

荒川区内で利用できる補助金は
『補助金地球温暖化防止及びヒートアイランド対策事業助成金』
になります。

地球温暖化防止を目的とした
省エネ機器の導入を支援するものです。

LED照明に関しては荒川区集合住宅向け
省エネルギー診断に基づき、共有部に
導入するLED照明に限ります。

助成金の上限は30万円とし、
設置した要した費用の1/2が
支援されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
https://www.city.arakawa.tokyo.jp/kankyo/josei/29eco_jyosei.html

4:板橋区で利用できる補助金

板橋区で利用できる補助金制度は
7つあります。

順に見ていきましょう。

4-1:板橋区公衆浴場クリーンエネルギー化等推進事業助成

こちらの制度は板橋区の公衆浴場の所有者
もしくは経営者が対象となる補助金制度です。

対象設備にはLED照明器具も含まれており、
受け取れる補助金は助成対象経費の30%で、
上限は45万円となっています。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/yoko/pdf/kousyuuyokujyou-cleanenergy-ka-suisinnjigyou
jyosei.pdf

4-2:板橋区民有灯補助金

こちらの補助金は行動および私道上に
設置された民有灯を維持する
団体、商店街、自治会等の団体を対象を
対象にしています。

もちろん民有灯の中にはLEDも
対象機器として含まれています。

補助金額は年間の電気料金および
消耗品代金を合計した額の範囲内において
区長が定めた額が支援される形となっています。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/yoko/pdf/h110610minyutouhojokinkouhu.pdf

4-3:東京都板橋区商店街街路灯LED化推進事業補助金

こちらの補助金は商店街等が管理している
街路灯等のLED照明化に取り組む商店街、
商店街振興組合、事業協同組合等が
対象となります。

補助対象となる機器は
街路灯、アーケード照明等の
LED照明への交換になります。

補助金額は上限100万円とし
補助対象経費の1/10が支援されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/yoko/pdf/syoutenngaigairotou-led-kasuisinnjigyouhojyokinn.pdf

4-4:東京都板橋区環境対応型商店街活性化事業補助金

こちらの補助金の対象となる事業は
区長が商店街と認めたものを対象とし、
環境対策に取り組む商店街を
支援するものです。

補助金対象となる事業の中には
LED街路灯の設置があります。

受け取れる補助金額は
補助対象経費の2/15以内、
もしくは補助金限度額1千万円の
いずれか低い額となります。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/yoko/pdf/kannkyoutaiougatashoutenngaikasseikajigyouhojyokinnkoufu.pdf

4-5:東京都板橋区環境・防災対応型商店街活性化事業補助金

こちらの補助金は東京の広域的環境課題の
解決に資する事業または
地域特性・地域資源を活用した事業を
実施する区市町村を対象としています。

対象となる事業の中には
LED街路灯の設置が含まれます。

受け取れる補助金は対象となる
補助対象経費の2/15以内、
もしくは補助金限度額1千万円の
いずれか低い額となっています。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/yoko/pdf/h23.7.1kankyo-bousai-shoutengai-hojo.pdf

4-6:板橋区新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金(住宅用)

こちらの補助金は板橋区内にある
戸建・集合・個人・法人等の住宅に、
補助金対象となる省エネルギー機器を
設置する個人を対象としています。

その対象の中には
集合住宅共用部のLED化が
含まれています。

共用部LED化の要件としては、
既存の設備に比べて省エネルギー効果が
高い改修であることとなります。

補助金額は上限30万円とし、
設置に要する経費の20%と
なっています。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/004/004900.html

4-7:板橋区政策課題対応型商店街事業補助金

こちらの補助金は区長が商店街と認めた
商店街が対象となっており、
行政施策の推進と区内の商店街の振興と
地域経済の活性化を目的としています。

LED化で対象となる事業は
以下のものとなります。

  • LED街路灯の設置
  • ソーラー・ハイブリット型街路灯の設置
  • 街路灯のランプのLEDランプへの交換
  • アーケード照明のLEDへの交換

補助金額は補助金対象経費の1/10、
もしくは補助金限度額のいずれか低い額が
支援されます。

なお、補助金限度額は事業により異なり
以下のようになっています。

  • LED街路灯の設置:1000万円
  • ソーラー・ハイブリット型街路灯の設置:1000万円
  • 街路灯のランプのLEDランプへの交換:100万円
  • アーケード照明のLEDへの交換:100万円

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/yoko/pdf/h290701seisakukadaitaiougatashoutenngaizi.pdf

5:大田区で利用できる補助金

大田区で利用できる補助金制度は
以下のものとなります。

5-1: 公衆浴場施設改善助成

こちらは大田区内の公衆浴場を対象に
施設および設備の助成金を交付することにより、
公衆浴場の転廃業防止と区民の健康維持向上を
図ることを目的としています。

助成の対象設備には
LED照明器具の設置も含まれています。

条件として管球のみの交換は
不可とされていますが、
脱衣場及び浴室は交換対象となっています。

助成額は助成対象経費から東京都が交付する
『公衆浴場クリーンエネルギー化等推進事業補助金』
を差し引いた残額の2/3の額になります。

また、上限として助成額の3ヶ月の
合計額が200万円となっていますが、
LEDシステム照明器具設置については
75万円を限度額としています。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www3.e-reikinet.jp/ota-yoko/d1w_reiki/35990903040100000001/35990903040100000001/35990903040100000001.html

5-2:商店街装飾灯設置等助成

こちらの補助金は商店街の振興や
地域の防犯を目的とし、
装飾灯を整備(LED化を含む)する際に、
支援するものです。

対象となるのは商業関係団体届出書を
提出した商店街になります。

補助額の条件は目的によって異なります。

LED化する場合は限度額を1億3500万円とし
工事に要した費用の9/10の金額が補助されます。

なお、装飾灯の新設によりLED化する場合は
1基あたり限度額は54万円、
アームや灯具の交換によりLED化する場合は
1基あたり限度額は27万円となります。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.ota.tokyo.jp/sangyo/syogyo_sangyo/minasamahe/soshokuto.html

6:葛飾区で利用できる補助金

葛飾区で利用できる補助金制度は
以下のものとなります。

6-1:私道防犯灯補助金

こちらの補助金は葛飾区の私道防犯灯(LED)を
維持管理する町内・自治会等が
対象となっています。

補助額はLED照明器具1基当り
年間2500円となっています。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000060/1003613/1003723.html

6-2:平成29年度《個人住宅用》かつしかエコ補助金

かつしかエコ補助金には3つのタイプがあり、
こちらは区内の自ら居住する
(予定を含む)住宅に、葛飾区が指定する
エコ機器を導入する個人が対象となります。

対象機器の中には直管型LED照明器具も
対象となっています。
(※新規設置は対象外)

補助金交付の条件や補助率など
詳しくは下記の環境課環境計画係より
お問い合わせいただけます。

環境課環境計画係
電話:03-5654-8228

ホームページ↓
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000062/1003883/1003921.html

6-3:平成29年度《事業所用》かつしかエコ助成金

こちらは区内の事業所に、補助金対象となる
機器等を導入する中小企業等が対象となります。

再生可能エネルギーの利用促進や、
省エネ・節電対策になる省エネ機器等を
事業所に導入する際、
費用の一部が補助されます。

先ほどの個人住宅用と同様に
直管型LED照明器具も
対象になります。
(※新規設置は対象外)

LEDランプの対象要件参照↓
http://www.city.katsushika.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/003/923/ledlamp.pdf

LED屋外灯の対象要件↓
http://www.city.katsushika.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/003/923/ledokugai.pdf

さらに詳しくは下記の環境課環境計画係より
お問い合わせいただけます。

環境課環境計画係
電話:03-5654-8228

ホームページ↓
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000062/1003883/1003923.html

6-4:平成29年度《集合住宅用》かつしかエコ助成金

こちらは集合住宅用の補助金です。

集合住宅の共用部分に補助対象となる
機器等を導入する分譲マンションの
管理組合や賃貸集合住宅等のオーナーが
対象となります。

対象には高効率蛍光灯やLED照明機器も
含まれています。
(※新規設置は対象外)

LEDランプの対象要件↓
http://www.city.katsushika.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/003/922/ledlamp.pdf

LED屋外灯の対象要件↓
http://www.city.katsushika.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/003/922/ledokugai.pdf

さらに詳しくは下記の環境課環境計画係より
お問い合わせいただけます。

環境課環境計画係
電話:03-5654-8228

ホームページ↓
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000062/1003883/1003922.html

7:北区で利用できる補助金

北区で利用できる補助金は
『新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成』
です。

新エネルギー及び省エネルギー機器を
導入する個人、中小企業、管理組合が
対象となります。

対象機器の中にはLED照明器具や
LED誘導灯器具が含まれます。

助成額は対象者によって異なり、
LEDの場合は一般用での助成金はなく、
中小企業と管理組合が対象になります。

助成額は上限額を100万円とし
助成対象経費の20%が助成されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.kita.tokyo.jp/kankyo/jutaku/kankyo/hojo/energy/jose-info.html

8:江東区で利用できる補助金

江東区で利用できる補助金は
『商店街活性化総合支援事業』です。

目的は区内にある商店街の環境整備を
支援することであり、
区内の商店街に使用される装飾灯等の
LED照明器具への交換する商店会が
対象となります。

補助限度額は100万円~5000万円と
事業内容により異なります。

補助率の基本は3/4となります。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.koto.lg.jp/102030/sangyoshigoto/shisetsu/shotengai/7644.html

9:品川区で利用できる補助金

品川区で利用できる補助金制度は
以下のものとなります。

9-1:品川区商店街活性化推進事業助成金

こちらの補助金は商店街の施設環境の整備、
販売促進や組織活動の強化等を支援することで
区内の商店街の活性化を図ることを
目的としています。

その助成金対象者は
以下のようになります。

  • 区内の商店街振興組合法に
    基づく商店街振興組合、
    中小企業等協同組合法に基づく
    事業協同組合および未組織商店街
  • 隣接する複数の商店街振興組合等で
    組織した連合体
  • 品川区商店街連合会および
    品川区商店街振興組合連合会

対象事業にはLED街路灯の設置が
含まれます。

受け取れる助成金額は区が定めている限度額と、
助成対象経費の助成率に乗じた額を比較し
どちらか低い方の額とします。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000085800/h29_youkou-kasseika.pdf

9-2:品川区公衆浴場設備等整備補助金

こちらの補助金は公衆浴場の更新を行う
品川区公衆浴場商業協同組合加入の
公衆浴場経営者が対象となっています。

また、引き続き3年以上公衆浴場の
経営を予定しているものという条件があります。

対象となる事業の中には
LED照明器具の設置もあります。

LED照明器具の設置の補助金額は
上限が1施設につき37.5万円とし、
対象経費の1/4が支援されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000067400/21youkou.pdf

9-3:住宅改善工事助成事業

こちらの補助金の対象者は品川区内の区民で
工事対象住宅に居住している、または
改修後の住宅に居住する個人が対象です。

環境やバリアフリーに配慮したリフォーム工事を
行なう場合に、工事費用の一部が助成されます。

助成対象の工事にはエコ住宅改修があり、
そこにはLED照明の設置が含まれます。

助成金額は区民の場合は上限20万円で
工事費用の10%となります。

マンション組合、賃貸住宅個人オーナーの場合は
上限100万円とし、
助成対象工事(マンション共用部分の工事)の
10%となります。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000013700/hpg000013682.htm
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000082100/h29panfureto.pdf

9-4:品川区事業用LED照明設置補助金

こちらの補助金は中小企業等が
区内事業所等に区内施行業者を利用して
LED照明を設置する経費の一部を助成し、
LED照明促進することで地球温暖化対策促進と
環境保全意識啓発を図ることが目的です。

品川区内に事業所を持つ中小企業、
社団法人、社会福祉法人、個人事業主等が
対象者になります。

対象機器はLED照明器具(ベースライト、ダウンライト、
シーリングライト、スポットライト、直管型等)、
LEDを光源とした内照式表示板、電球型LEDランプ
となります。

補助金額は設置費用の合計が10万円以上で
上限は30万円とし、設置費用の10%が
補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000030800/hpg000030770.htm

10:新宿区で利用できる補助金

新宿区で利用できる補助金制度は
以下のものとなります。

10-1:平成29年度商店街補助事業

新宿区の商店会等が実施する商店街路灯のLED街路灯や
ソーラー・ハイブリッド型街路灯の新設・建替え等の
商店街における環境対策への取り組みに対して
補助を行う事業になります。

補助額は上限1商店会につき2000万円とし、
補助対象経費の4/5が補助されます。

平成29年度の申請受付は
すでに終了しています。

申請希望がある場合は引き続き
平成30年度以降の補助金申請の動向に
ご注目ください。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.shinjuku.lg.jp/jigyo/file07_00001.html

10-2:(事業所用)平成29年度新宿区新エネルギー及び省エネルギー機器導入(LED照明設置)補助金

こちらは区内の事業所を所有し、
(もしくは所有しようとする)
当該事業所に機器を設置する中所企業者が
対象となる補助金となります。

※個人事業者を含む

申請するには区の実施する
中小企業者省エネルギー対策支援
又は過去に省エネルギー診断を受け、
LED照明導入の提案を受けていることが
条件です。

受け取れる補助金は上限40万円とし
施工経費の50%となります。

平成29年度の受付は終了しましたので、
引き続き平成30年度以降の動向に
ご注目ください。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.shinjuku.lg.jp/jigyo/shoenergyled.html

11:杉並区で利用できる補助金

杉並区で利用できる補助金は
『商店街装飾灯助成』になります。

商店街が所有する装飾灯の
建設費(新設・建替え)、灯具交換、
ランプ交換を行う事業です。

対象商店会は商店街振興組合等、
非法人商店会が対象となります。

※いずれもLED化に伴うものに限ります。

助成率は補助金制度や助成対象により
異なります。

『政策課題対応型商店街事業』の場合、

新設、建替え、老朽化した街路灯の撤去、
消火栓、スタンドパイプ等の整備、
灯具交換、ランプ交換、
アーケード、アーチの撤去等を対象に
補助率が95%(都:80%、区:15%)

『新・元気をだせ!商店街事業』の場合、
新設、建替え、灯具交換、ランプ交換を対象に
5/6(都:2/6 区:3/6)が補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/shigoto/chusho/1005232.html

12:墨田区で利用できる補助金制度

墨田区で利用できる補助金制度は
以下のものとなります。

12-1:墨田区商店街育成補助金

こちらの補助金は
以下の方が対象になります。

  • 墨田区商店街連合会に加盟する商店街(会)
  • 墨田区商店街連合会、
  • 中心市街地活性化協議会の構成員たる
    一般社団法人および特定会社、
  • 社会福祉法人、
  • 特定非営利活動法人

アーチもしくは街路灯のランプの
LEDへの交換事業、または
アーケード照明のLED照明への
交換事業を行ないます。

補助対象になる条件としては
東京都特定施策推進型商店街事業の
補助対象に認められた事業であることが
条件として掲げられています。

補助金額は補助対象経費の
1/10の金額が補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.sumida.lg.jp/reiki_int/reiki_honbun/g108RG00001134.html

12-2:墨田区地球温暖化防止設備導入補助金

こちらの補助金は墨田区内にある建築物の
所有者である個人、マンションの管理組合、
中小企業者、学校法人、社会福祉法人、
医療法人等が対象になります。

補助対象になる機器の中には
直管型LED照明器具が含まれます。

補助金額は直感型LED照明器具の場合
上限は戸建で5万円、
分譲集合住宅で20万円とし、
工事費用の1/2が補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.sumida.lg.jp/kurashi/kankyou_hozen/ecojyoseiseido.html

13:世田谷区で利用できる補助金

墨田区で利用できる補助金制度は
以下のものとなります。

13-1:世田谷区公衆浴場設備改善事業補助金

こちらの補助金で対象となるのは
東京都公衆浴場業生活衛生同業組合世田谷支部加入の
公衆浴場経営者で、助成金受領後に
経営を続ける意思を有するものとされています。

補助対象となる事業の中には
LED照明器具設置が含まれます。

補助金額は限度額を150万円とし、
改修事業費から東京都の補助金を
差し引いた金額の3/4以内とします。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www3.e-reikinet.jp/setagaya-yoko/d1w_reiki/40790911000000000000/40790911000000000000/40790911000000000000.html

13-2:世田谷区活力ある商店街育成事業補助金

こちらの補助金は中小商売商業、
またはサービス業に属する事業者の相当数が
近接してその事業を営み、かつ
組織的な活動を行なっている未組織商店街等が
対象となっています。

補助金でLED化が関連する事業は
LED街路灯への建替え事業です。

補助金額は上限を7500千円とし
(任意商店街は15000千円)
補助対象経費の1/2が補助されます。

新元気事業は5/6以内。
※上限12500千円(任意商店街は15000千円)

新元気事業かつ法人化商店街事業は
当該年度または翌年度に限り5/6以内。
※上限は125000千円

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www3.e-reikinet.jp/setagaya-yoko/d1w_reiki/41090971057600000000/41090971057600000000/41090971057600000000.html

13-3:平成29年度世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金

こちらの補助金は区内にある自分が所有する
住宅(分譲マンションの区分所有を含む)に
住所している区民、賃貸住宅を所有している
区民が対象となります。

または分譲マンションの管理組合などが
対象工事を行った際に、
経費の一部に対して補助が行われます。

補助金の対象工事の中には
分譲マンション供用部改修に、
LED照明器具を設置する項目も
含まれます。

補助金額は住宅リノベーション工事を
単独で行うときは上限20万円とし、
工事経費の10%が補助されます。

また、区の耐震改修工事の助成と
併せて行う時は上限40万円とし
工事費用の20%が補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/119/331/332/d00143536.html

14:台東区で利用できる補助金

台東区で利用できる補助金制度は
以下のものとなります。

14-1:商店街街路灯LED化促進支援

区内にある商店街を対象に
街路灯やアーケードのランプを
LEDランプに交換する経費を
一部補助する事業です。

補助金額は限度額を1500万円とし
補助対象として認められた額の1/10が
補助されます。

その他、東京都も補助を行っていますので、
区と合わせると補助対象と認められた経費の
9/10が補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
https://www.city.taito.lg.jp/index/kusei/kisoshiryou/gyoseishiryo/hakusho/h23hakusho.files/09syoutenngaigairotoup09-10.pdf

14-2:再生エネルギー機器等助成金(個人宅、共同住宅向け)

こちらの補助金は区内の
住宅(店舗併用を含む)に
対象機器を設置する区民または法人、
集合住宅の管理組合等が対象となります。

LED関連の対象機器としては
共同住宅部用LED照明が
対象になります。

工事費用が10万円(税抜)以上
であることと上限30万円を条件として、
補助金額は工事費用(税抜)の20%が
補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kankyo/jyoseiseido/saiene.html

15:中央区で利用できる補助金

中央区で利用できる補助金制度は
以下のものとなります。

15-1: 住宅用自然エネルギー及び省エネルギー機器等導入費助成

こちらの補助金は以下の方が対象となります。

  • 区内に住所を有している個人。
  • 区内に賃貸共同住宅を所有している個人。
  • 区内に賃貸共同住宅を所有している中小事業者。
  • 区内の分譲共同住宅の管理組合。

補助金の対象としてはLEDランプも
含まれます。

LEDランプで発生する補助金は
上限を40万円とし、
導入費の20%が補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.chuo.lg.jp/kankyo/seisaku/taisaku/kikijosei/ecojosei_jutaku.html

15-2: 事業所用自然エネルギー及び省エネルギー機器等導入費助成

こちらの補助金は区内に事業所を有する
中小事業者等が対象になります。

LEDランプも補助対象として
含まれています。

補助金額は省エネルギー機器等に関しては
上限50万円とし導入費の50%が補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.chuo.lg.jp/kankyo/seisaku/taisaku/kikijosei/ecojosei_jigyosho.html

16:千代田区で利用できる補助金

千代田区で利用できる補助金制度は
以下のものとなります。

16-1:千代田区省エネルギー改修等助成金(平成29年度)

こちらの補助金は区内の一般家庭、
マンション供用部、事業者ビル等に
省エネルギー機器等への改修を行う
個人や事業者が対象となります。

改修工事の対象機器としては
LED照明も含まれており、
電気工事が伴うものが条件となります。

補助金額は対象者により
条件が異なります。

一般家庭では上限50万円とし、
対象経費(税抜)の20%が補助されます。

マンション供用部では戸数により上限が異なり
上限100万円(~100戸)、上限200万円(101~200戸)、
上限300万円(201戸~)とし
対象経費(税抜)の20%が補助されます。

テナント・事業所ビルでは上限100万円とし、
対象経費(税抜)の20%が補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/machizukuri/kankyo/hojo/sho-ene.html

16-2:千代田区家庭用LED照明等購入支援制度(平成29年度)

こちらの補助金は区内在住者が
区内商店街で平成29年度4月1日以降に
LED照明を5千円以上(消費税込み)で
購入した個人が対象となります。

対象となる照明はLED電球、
LED蛍光灯(白熱球等からLED電球等に取り換えるもの)、
LED照明器具(シーリングライト、ペンダント照明など)
となっています。

補助方法としては
LED購入金額条件によって
エコ・アクション・ポイントとして
配布される形となっています。

購入金額に配布されるポイントが
変わってきます。

5千円~9千999円で1000ポイント
1万円~1万9千999円で2000ポイント
2万円以上で3000ポイントが
配布されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/machizukuri/kankyo/hojo/kate-led.html

17:豊島区で利用できる補助金

豊島区で利用できる補助金制度は
以下のものとなります。

17-1:商店街電灯料補助事業

区登録商店会を対象に商店会が公道上に
設置した街路灯、アーチ、アーケードの
電灯料の一部を補助する事業となります。

補助金額は電灯料の60%。
装飾灯等の1/2以上をLED街路灯に改修するなど、
CO2の削減に取り組んだ団体は
電灯料の80%が補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.toshima.lg.jp/123/machizukuri/sangyo/shotengai/025561.html

17-2:豊島区エコ住宅普及促進費用助成金(集合住宅共用部分)

こちらの補助金は豊島区内に賃貸集合住宅を
所有または所有しようとする個人、もしくは
区内の分譲集合住宅の管理組合等で、
機器を購入設置する方が対象となっています。

補助金の対象機器には集合住宅共用部分に
用いられるLED照明器具が含まれます。

補助金額は集合住宅共用部分用の
LED照明器具の場合、上限20万円とし
機器設置に要した費用の1/5が補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.toshima.lg.jp/149/machizukuri/shizen/ecojutaku/1504071713.html

17-3:豊島区エコ事業者普及促進費用助成金

こちらの補助金エネルギー診断に基づき、
LED照明を導入する中小規模事業所を所有
または使用している法人、個人事業主が
対象になります。

補助金対象は省エネルギー診断に
基づいて導入する設備が対象となります。
(二酸化炭素排出量の削減効果のあるもの)

対象機器にはLED照明も含まれます。

補助金額は機器設置費用の1/2が
補助されます。

補助金の上限は条件によって異なり、
区の定める環境マネジメントシステム等を
認証取得している事業者は上限80万円、

認証取得していない事業者は上限50万円
とします。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.toshima.lg.jp/149/machizukuri/shizen/jigyosha/018555.html

18:練馬区で利用できる補助金

練馬区で利用可能な補助金は
『練馬区再生可能エネルギー・
省エネルギー設備設置補助制度』
になります。

申請期間は設備の設置日に応じて
こちらの補助金は区内で事業を営む
従業員20名以下の法人事業者または事業主が
区民である個人事業主、区内にある
区分所有建築物の管理組合などが対象です。

また、申請期間は1期~3期に分かれており、
申請期間ごとに抽選を行い、
補助対象者を決定します。

※受付年度ごとに申請期間は変わるため
詳しくはホームページより
ご確認ください。

対象設備の中には直管型LED照明が
含まれています。

補助金額は補助申請した設備の
設置(改修・交換)費用から
国および東京都からの補助金の額を
差し引いた額の1/2が補助されます。

補助金の上限は直管型LED照明の場合、
事業者で2万円、
管理組合で20万円となります。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/shigoto/kankyo/hojo/29setubihojyo_annai.html

19:文京区で利用できる補助金

文京区で利用できる補助金は
中小企業エコ・サポート事業
になります。

区内にある個人事業者、
法人の方が対象です。

個人事業者の場合は主たる営業所を
法人である場合は登記してある本店を
文京区内に置く中小規模事業者であって、
申請時において文京区内で引き続き1年以上
事業を営んでいることが条件になります。

補助対象事業には照明設備の改修が
項目に含まれております。

温室効果ガス排出削減および光熱水費等の
削減が見込まれる基準が定量化されている
機器の導入または更新に係る改修である
必要があります。

補助金額は上限50万円とし、
省エネ改修費用(設備費)の
2/3が補助されます。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sangyo/chushokigyo/chusho/eco.html

20:目黒区で利用できる補助金

目黒区で利用できる補助金制度は
以下のものとなります。

20-1: 商店街補助事業(商店街街路灯LED化推進事業)

こちらの補助金は区内の商店街が
対象となります。

東京都政策課題対応型商店街事業の
交付決定を受けた事業のうち
街路灯のランプのLEDランプへの交換
またはアーケード照明のLED照明への
交換を行う事業です。

補助金額は補助限度額を500万円として、
東京都補助金額の1/8以内
(補助対象経費の1/10)
とします。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/shigoto/enjo/kasseikashien.html

20-2: 平成29年度度目黒区住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器設置費助成金

こちらの補助金は目黒区内に居住
または居住の予定があり、住宅や
分譲住宅に助成対象機器を設置する個人、
管理者または管理組合法人が対象です。

LEDに関する助成対象としては
マンション供用部LED照明が
対象となります。

助成される金額は上限を12万円とし
機器本体価格の1/3となります。

詳しくはこちらのホームページより↓
http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/shizen/ondanka_taisaku/taiyoukou.html

21:まとめ

以上が東京都23区で利用できる
補助金制度です。

東京都は他の地域と比べ、
補助金制度が充実しているため、
様々な業種の方が受け取れる
可能性が高くなっています。

一方では、
補助金制度の種類も多いことで
どの制度を利用すればいいのか
混乱してしまう人も多いかもしれません。

そんなときにはお住まいの区内で
どんな補助金制度が実施されているのか
是非チェックしてみてください。

今回の記事をLED照明の導入の際に
お役に立てて頂けるとうれしく思います。

ご覧頂きありがとうございました。

無料deかんたん!省エネ診断

こんなお悩みありませんか?

いくつかの質問に答えるだけで、簡単な省エネ診断が受けられます。「診断する」をクリック後に表示されるフォームに、必要事項を入力して「診断内容を送信する」ボタンをクリックしてください。

・電力専門の担当者が入力内容を元に、あなたの省エネ状況を診断いたします。
・お客様の省エネ推進にぜひご活用ください。その他の設備についても、お気軽にお問い合わせください。
・回答は内容によって3〜7営業日ほどかかる場合がございますので、何卒ご了承お願いいたします。

診断する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA